HOME KAMIOOOKA

創業昭和27年!上大岡の不動産会社 共栄商事不動産のスタッフによるブログです(^^)
<< 上大岡のレキシその1 | main | フォーシーズン >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    上大岡のレキシその2
    1
     さて、こないだは明るい農村だった上大岡に大きなターニングポイントが!なんてたいそうな終わり方でしたが、まぁ勘のいい方はすぐお分かりですね。鉄道開通です。

    現在の京浜急行の前身の湘南電気鉄道が1930年4月1日、上大岡駅を開業したのですね。
    といってもまだまだのどかな田園風景で、駅のすぐそばに水田が広がるのんびりとした写真が残っています。当時は無人駅でした。今の上大岡駅を考えると想像もつきませんな。

    そして上大岡から今のパサージュ上大岡(上大岡中央商店街)を抜けて久保橋を渡ったところあたりからの大久保付近は一時歓楽街ができていったらしく「ハマの箱根」と呼ばれていました。久保橋にはアーチ状に「浜の箱根」の看板がかかっていたようです。

    戦後、その歓楽街は廃れていったようですけど、上大岡のその後の発展につながっていったわけですね。
    その後「京浜百貨店」でき、今はなきダイナミック!「ダイクマ」、「富士スーパー」の1号店、東光ストア(現東急ストア)、「ダイエー」「イトーヨーカ堂」「長崎屋」などがぽこんぽこん雨後の竹の子のようにできて一大商業地へ発展してったわけです。地下鉄も開通しちゃったりしてね、あれよあれよと。
    明るい農村から近代的な商業地までその間だいたい40年。昔から上大岡を知っている人は感慨深いでしょうね。
    その後さらに再開発がありまして、また一段と変わったわけで、その辺にきますと僕も目の当たりにしてますので感慨深いっす。その再開発の話などはまたいずれ。

    僕は子供のころ富岡と杉田の間くらいに住んでいましたので、買い物とか遊びっていうと上大岡きてたんですね。とくにガキ連中があつまっていくのは、横浜じゃまだ遠くて上大岡だったなぁ。赤ぷーなんてベリーホットな場所でした。

    ということで、まだ僕自身のキャラが定まってなくてよれよれですが「上大岡歴史探訪」(いつからそんなタイトルに?)の二回目を終わります。三回目は寝てまて!

    次回は上大岡のおいしいもの探訪にしようかな。
    | 共栄商事不動産スタッフ | 上大岡の歴史 | 20:13 | comments(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 20:13 | - | - | - |









            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE